Asako Tamura田村 麻子ソプラノ
Language:

English

公演情報

2017.12.23(土)

公演・チケット情報

東京労音 第129回 第九演奏会
会場 東京文化会館 大ホール
開演 14:00 詳細はこちら

CD ALBUM

プロフィール

田村 麻子

Asako Tamura

京都府出身。国立音楽大学声楽科、東京藝術大学大学院修士課程修了。ニューヨーク・マネス音楽院首席卒業。1997年ドミンゴ国際オペラ・コンクールに最年少での入選を始め、ジュゼッペ・ディ・ステファノ国際コンクール(イタリア)第1位など世界の主要コンクールで上位入賞。2002年『3大テノール・コンサート』でドミンゴ、故パヴァロッティ、カレーラスらと共演。07年ニューヨークのリンカーンセンターでのデビューでは、急遽アプリーレ・ミッロの代役を務め、ニューヨーク・タイムズ紙において「輝くソプラノ」と高い評価を受けた。
これまでにメトロポリタン歌劇場管弦楽団、BBC交響楽団、ローマ祝祭管弦楽団、LAシンフォニー、シカゴフィル、ハンガリー放送交響楽団等多くのオーケストラから招聘され共演している。
世界各地でオペラに出演しており「蝶々夫人」をロンドン・ロイヤルアルバートホール、ウルグアイ国立ソリス歌劇場、ボルティモア・リリックオペラ等で、「ランメルモールのルチア」をイタリア国立カリアリ歌劇場、シチリア・トラーパニ音楽祭、ハンガリー国立歌劇場、ルーマニア国立歌劇場、「椿姫」をアメリカ・エルパソオペラ、カラマズーオペラ、「群盗」「真珠とり」をアメリカ・サラソタオペラ等に出演(以上全てタイトルロール)。
日本国内では06-09年『サントリー 1万人の第九』、08年朝日新聞『100万人のクラシック』、05年・09年・15年全国労音リサイタルツアー(計35公演)、13年毎日新聞『生きる2013~森山良子 with FRIENDS』など、様々なプロジェトに参加。14 年佐渡裕プロデュースオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」にデスピーナ役で出演。15年NHK ニューイヤーオペラコンサート 2015 に 出演。
2015年4 月ワシントン「全米桜祭り」のスポーツイベントとして、大リーグのナショナルズに招聘され、対ヤンキースのオープン戦の試合前にアメリカ国歌を斉唱、その様子は日本のNHKニュースでも取り上げられた。
2015年に新録音となる2枚のCD「ジュエルズ・オブ・アヴェ・マリア」「ノスタルジア-日本の歌」(ナクソス・ジャパン)をリリース。両ディスクはANA SKY CHANNEL(国際線オーディオプログラム)に搭載された。
ニューヨーク在住。公式HP:www.asakotamura.com

Asako Tamura

Ms. Asako Tamura, lyric coloratura soprano, has appeared with opera companies all over the world. She has performed the title role in Lucia di Lammermoor with Ente Luglio Musicale in Trapanese Italy, Teatro Lirico di Cagliari in Italy, the Hungarian State Opera in Budapest, Opera Constanza in Romania, Gilda in Rigoletto with the Hungarian State Opera's Japan Tour in Tokyo, Amalia in I masnadieri with Sarasota Opera, Juliette in Romeo et Juliette with the Hungarian State Opera , Licenza in Il sogno di Scipione with Gotham Chamber Opera of New York, Musetta in La boheme with Tokyo Art Sphere Hall in Japan , Frasquita in Carmen with Tokyo City Opera of Japan and Ancella Strascica in Elektra with Arena di Verona in Filarmonico Italy. On the concert stage Ms. Tamura has performed as a soloist with The Three Tenors (Domingo, Pavarotti, Carreras) in Yokohama Japan as well as with Tokyo City Orchestra in Carmina Burana and Beethoven's Ninth Symphony. Ms Tamura appeared as a soloist with the Tokyo Symphonic Orchestra in the Mozart Requiem, with the Metropolitan Opera Orchestra in A Celebration of Asian Voices in New York, the Opera Gala Concerts with Amici della Lirica Arena di Verona and Opera Ai Fori Gala Orchestra in Rome.
In 2006, upcoming engagements for Ms. Tamura include Violetta in La Traviata with El Paso Opera and Donna Anna in Don Giovanni at Place de Art in Budapest.

トップへ戻る