Yutaka Sado佐渡裕指揮
Language:

English

公演情報

2017.09.02(土)

公演・チケット情報

佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ2017
会場 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
開演 18:00 詳細はこちら

2017.09.03(日)

公演・チケット情報

佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ2017
会場 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
開演 14:00 詳細はこちら

2017.09.15(金), 16(土), 17(日)

公演・チケット情報

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第99回定期演奏会
会場 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
各日開演 15:00 詳細はこちら

2017.12.03(日)

公演・チケット情報

サントリー1万人の第九
会場 大阪城ホール
開演 15:00 詳細はこちら

2017.12.09(土)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 足利市民会館(栃木)
開演 15:00 詳細はこちら

2017.12.10(日)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 南魚沼市民会館(新潟)
開演 15:00 詳細はこちら

2017.12.13(水)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 文京シビックホール(東京)
開演 19:00 詳細はこちら

2017.12.14(木)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 名取市文化会館(宮城)
開演 19:00 詳細はこちら

2017.12.15(金)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 盛岡市民文化ホール(岩手)
開演 18:30 詳細はこちら

2017.12.16(土)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 釜石市民ホール(仮称)(岩手)
開演 15:00 ※2017年12月開館

2017.12.17(日)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 郡山市民文化センター(福島)
開演 15:00 詳細はこちら

2017.12.19(火)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 オーバード・ホール(富山)
開演 18:30 詳細はこちら

2017.12.20(水)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
開演 19:00 詳細はこちら

2017.12.21(木)

公演・チケット情報

佐渡裕指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2017
会場 鎌倉芸術館(神奈川)
開演 19:00 詳細はこちら

DVD

CD ALBUM

プロフィール

佐渡裕

Yutaka Sado

京都市立芸術大学卒業。1987年アメリカのタングルウッド音楽祭に参加。その後、故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。89年新進指揮者の登竜門として権威あるブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、国際的な注目を集める。95年レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクールで優勝し、「レナード・バーンスタイン桂冠指揮者」の称号を授与される。

2015年よりオーストリアで100年以上の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任。欧州の拠点をウィーンに置き、パリ管弦楽団、ケルンWDR交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、BBCフィルハーモニックなど、ヨーロッパにて一流オーケストラへの客演を毎年多数重ねている。2011年5月にバイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、2013年1月にロンドン交響楽団、10月には北ドイツ放送交響楽団にもデビューを果たすなど、欧州での活躍は目覚ましく、絶大な人気を誇っている。
海外でのオペラ公演でも実績を重ねており、2003年「エクサンプロヴァンス音楽祭」での「椿姫」(演奏:パリ管弦楽団)、2007年「オランジュ音楽祭」でのプッチーニ「蝶々夫人」公演(演奏:スイス・ロマンド管弦楽団)、トリノ王立歌劇場では2010年ブリテン「ピーター・グライムズ」、2012年「カルメン」、2015年2月に「フィガロの結婚」を指揮。
国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラ首席指揮者を務めるほか、2015年9月まで「題名のない音楽会」(テレビ朝日系列)の司会者を7年半務めていた。

CDを多数リリースしており、「ドヴォルザーク:交響曲第9番〈新世界より〉(ベルリン・ドイツ交響楽団)」「チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(BBCフィルハーモニック/ピアノ辻井伸行)」「ベートーヴェン:交響曲第7番(ベルリン・ドイツ交響楽団)」「佐渡裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE」「ベートーヴェン【運命】シューベルト【未完成】」(ベルリン・ドイツ交響楽団)などの海外オーケストラとの共演CD、シエナ・ウインド・オーケストラを指揮した「ブラスの祭典」シリーズなどが大ヒットセールスを記録している。最新盤はトーンキュンストラー管弦楽団を指揮した「R.シュトラウス<英雄の生涯>/<ばらの騎士組曲>」「ハイドン:交響曲第6番「朝」第7番「昼」第8番「晩」」を2016年3月、9月に連続リリース。

著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「僕が大人になったら」(PHP文庫)、「棒を振る人生~指揮者は時間を彫刻する~」(PHP新書)、絵本「はじめてのオーケストラ」<絵:はたこうしろう>(小学館)等がある。

Yutaka Sado

Critics have unanimously hailed Yutaka Sado as one of the most enthralling and charismatic conductors of the new generation. Highlights of the 2012/13 season include the debut appearances with WDR Sinfonieorchester Köln, Tonkünstler Orchestra and Orchestre National de Lyon, and the return to Teatro Regio di Torino with Calixto Bieito’s production of CARMEN. In April of 2013, Yukata Sado and BBC Philharmonic will combine forces once again for a 12-city Japan tour, which had been interrupted halfway by the devastating earthquake and the nuclear power plant accident in March of 2011.

The long-time assistant of Leonard Bernstein and Seiji Ozawa was awarded the most important conductor's prizes, e.g. the Premier Grand Prix at the 39th International Conducting Competition in Besançon and the Grand Prix du Concours International L. Bernstein Jerusalem. Sado's strong ties to Leonard Bernstein lead him to Bernstein's Pacific Music Festival in Sapporo as 'conductor in residence.' He also had the privilege to participate in the Leonard Bernstein Memorial Concert at the Cathedral Church of St. John the Divine in New York. Since 2005 Yutaka Sado is the Artistic Director of the Hyogo Performing Arts Center (HPAC) and of the HPAC's resident orchestra. The concert hall has become one of the most important concert halls in Japan with approximately 60,000 subscribers. Sado's degree of popularity in Japan is tremendous, especially due to his appearance as conductor and main host in the "Untitled Concert," the weekly TV program which was honored "the longest running TV program for classical music" by the Guinness World Records.

Next to Japan Yutaka Sado's career particularly developed in France, first of all, where he was appointed Principal Conductor of the Orchestre Lamoureux in October 1993. Yutaka Sado has been one of the favorite conductors of the Orchestre de Paris, the Orchestre Philharmonique de Radio France and the other major French orchestras for many years. He possibly is the only conductor who managed to conduct all 'Big Four' orchestras in Paris in one season.

In Germany, a close collaboration with the DSO Berlin has developed in recent years. Alongside Sado has been guest conducting major German orchestras including the Berlin Philharmonic, Sinfonieorchester des Bayerischen Rundfunks München, the Staatskapelle Dresden, the Gewandhausorchester Leipzig, the Mahler Chamber Orchestra, the Konzerthausorchester Berlin, Radio Symphony Orchestra in Stuttgart and Freiburg (SWR) and the Gürzenich Orchestra, the Frankfurter Museumsorchester, the Bamberg and Düsseldorf Symphony and the Dresden and Hamburg Philharmonics. In Italy he conducts the orchestras of Santa Cecilia Rome, RAI Torino Orchestra, the Verdi-Symphony Orchestra Mailand and the orchestra of the Maggio Musicale in Florence. In 2010 Sado made his Italian opera debut with Willy Decker's production of Britten's PETER GRIMES at the Teatro Regio di Torino. In Switzerland he conducts the Tonhalle-Orchestra Zurich and the Orchestre de la Suisse-Romande, in the UK the BBC Philharmonic and the London Philharmonic Orchestra.

CD-productions of Yutaka Sado and the DSO Berlin comprise recordings for AVEX with Tchaikovsky's Symphony No. 5 and Rachmaninoff's Second Piano Concerto with the Japanese pianist Nobuyuki Tsuji. Sado and Tsujii also produced the Tchaikovsky’s Piano Concerto with BBC Philharmonic. With the Orchestre Lamoureux he recorded music by Jacques Ibert (Naxos), by Ravel and Chabrier (Erato/Warner) and by Satie (Erato). Yutaka Sado made three exclusive recordings with the Orchestre Philharmonique de Radio France - the first devoted to French repertoire (by Dukas, Bizet, Offenbach), the second to the works of Leonard Bernstein (including Symphony N° 3 Kaddish with Karita Mattila and Lord Yehudi Menuhin as narrator, and the Chichester Psalms) and the third one featuring works by Berlioz, Liszt and Wagner. Furthermore, he recorded opera arias with Karita Mattila and the London Philharmonic Orchestra (Erato-Warner).

トップへ戻る