Mie Miki御喜 美江アコーディオン
Language:

English

プロフィール

御喜 美江

Mie Miki

東京生まれ。4歳からアコーディオンに親しみ、16歳でドイツ・トロシンゲン市立音楽院へ単身留学。ハノーファー国立音大ピアノ科でベルンエルト・エーベルトに師事。1973・74年、クリンゲンタール国際アコーディオン・コンクール(ドイツ)青年の部で連続優勝を遂げる、ドイツを中心に活発な演奏活動を開始した。日本では77年に岩城宏之指揮・札幌交響楽団でデビュー。87年にサントリーホール、88年にカザルスホールのオープニングシリーズに出演。これまでにNHK交響楽団(シャルル・デュトワ指揮)、サイトウ・キネン・オーケストラ(小澤征爾指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団等と共演。2017年6月にはベルリン・ドイツ交響楽団(佐渡裕指揮)と共演を予定している。
自主企画リサイタル「御喜美江アコーディオン・ワークス」を1988年より開催し、その革新的なプログラムが常に注目を集めている。高橋悠治、吉松隆、細川俊夫など、現代を代表する作曲家達が御喜のために新曲を多数作曲し、その数は60作品を超えている。バロックから現代曲まで幅広いレパートリーを持ち、クラシック・アコーディオンの世界的第一人者としての地位を確立している。
90年、ヴェストファーレン州政府芸術奨励賞(ドイツ)をアコーディオン奏者として初めて受賞。2014年、日本ミュージック・ペンクラブ音楽賞(室内楽・合唱部門)受賞。現在、フォルクヴァンク芸術大学(ドイツ)副学長、新疆音楽大学(中国)名誉教授。数多くの弟子が国際コンクール優勝者や音楽大学教官となり、世界中に優秀な音楽家を輩出している。
CDは「フランス・バロック集」「スカルラッティ・ソナタ集」「グリーグ:叙情小曲集」(以上BIS/キング・インターナショナル)、「アコーディオン・バッハ」(ナクソス・ジャパン)など国内外で25枚以上リリース。最新盤は2017年3月発売、レコード芸術誌で特選盤に選出された「J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集より」(BIS/キング・インターナショナル)。

Mie Miki

Hailed as a "Queen of the Classical Accordion", Mie Miki, started playing the instrument at the age of 4. At the age of 16, she moved to Germany to study at the Trossingen Academy of Music in Germany. At the age of 25, she became a professor at Hochschule f?r Music Detmold in Germany.
After winning numerous competitions, Mie soon started her active performing career in Europe. In Japan, she made her debut with the Sapporo Symphony Orchestra under the baton of Hiroyuki Iwaki.
In the 80s, she was invited to introduce the classical accordion for the first time in the People's Republic of China. In 1989, for the first time ever as an accordionist, she was awarded the F?rderungspreis des Landes Nordrhein-Westfalen for young artists in Germany.

As a soloist, Ms. Miki has appeared with numerous renowned orchestras including the Suisse Romande Orchestra, NHK Symphony Orchestra and Belgian National Orchestra, under such conductors as Seiji Ozawa and Charles Dutoit. Last summer she was featured as a "Musician of the Year" at the Oulunsalo Music Festival in Finland. A concert series entitled "Mie Miki Accordion Works", featuring numerous premi?res, takes place every year in Tokyo and about 60 solo and chamber works have been composed and dedicated to her. Currently, Ms. Miki is a professor at the Folkwang Hochschule Essen in Germany, and at the Xinjian Arts College in China.

トップへ戻る